口臭の原因は?歯医者さんの口臭治療法

口臭の原因を歯科診療で解決?

口腔内の原因を排除しよう

身体に匂いがあるのと同様、口の中からも匂いを発しています。
その匂いが他の人にも気になるほど強くなると、口臭としてとらえられます。
口臭は、コミュニケーションの障害に発展することも問題となっています。
その原因は、口腔内で剥がれ落ちた粘膜のカスや、食べ物のカスなどに含まれるタンパク質が、口腔内の細菌によって分解・発酵過程で出るガスです。
このガスには、玉ねぎが腐ったようなにおいを発するメチルメルカプタン、卵が腐ったような臭いの硫化水素、キャベツが腐ったような臭いのジメチルサルファイドという物があります。
中でもメチルメルカプタンは、口臭の強さを測る場合に用いられる事があります。
口臭が気になる度合いは人によっても様々ですが、強く感じられるのは口の中の唾液が減った時だそうです。
朝起きた時や、しばらく食事をしていない時などは、唾液の分泌量が減り、口の中が乾燥し、細菌を洗い流すことができなくなるので、自浄作用が低下します。
そうすると、タンパク質を分解する細菌が繁殖し、臭気の元になるガスが多く発生することになるわけです。
このような生理的に発生するガス以外に、口臭の原因が病気である場合もあります。
例えば、虫歯や歯周病がある場合は、歯茎の腫れや膿が腐敗臭を発することがあります。
また、呼吸器系や消火器系の病気、糖尿病など、身体に病気を抱えている場合にも、口臭が強くなると言うこともあります。
口腔内のケアだけでおさまらない場合は、内科の受信も検討する必要があるかもしれません。

TOPへ戻る