口臭の原因を歯科診療で解決?

>

口臭の原因について

細菌の温床となる舌苔

細菌の温床となる舌苔は、強い臭気を発する原因と知られています。
舌に付着した白っぽい汚れの事で、細菌やタンパク質を多く含んでいます。
健康な状態でも付着していますが、特に、口の中が乾いているときや、体調がすぐれないときには厚くなり、口臭を発する原因になります。
特に、胃腸の調子が良くない時に舌苔が厚くなるのは、舌の感覚を鈍くさせることで、食欲を減退させ、食べる量を減らす自衛本能からだといわれています。
食べる量が減ることで、胃腸を休ませるためなのでしょう。
頑固な舌苔を除去するには専用の舌ブラシなどを使うのが効果的です。
舌苔は朝が一番量が多いといわれています。
睡眠中に唾液の分泌が減ることが要因なのでしょう。
朝の舌磨きを習慣にするのも、口臭予防には効果的です。

こまめな歯垢の除去

舌苔と同様、歯垢もタンパク質や細菌の温床になります。
また、虫歯や歯周病の原因になることも知られていますね。
舌苔を除去するのと同様、歯垢をこまめに除去することで口臭予防に繋がります。
また、歯垢を放置してしまうと、細菌が歯周ポケットに入り込み、炎症を起こすことで、歯周病が重症化してしまいます。
歯周病の症状でもある歯茎の腫れや出血によって、血の匂いや腐敗臭を発生させます。
歯周病予防の目的としても、定期的に歯科検診を受ける様にしましょう。
歯垢が長く付着していると、歯石という、歯磨きだけでは取れない物になってしまいます。
歯科医師で、専用の器具で取り除いてもらう様にしましょう。
口臭予防や歯周病予防に役立ちます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る