口臭の原因を歯科診療で解決?

>

虫歯治療を見直してみる

虫歯が進行して発する臭い

虫歯は歯に付着した歯垢に住みついた細菌が作り出す酸が歯を溶かしてしまうことで怒ります。
特に、歯の表面のエナメル質を通り越し、その下の象牙質に達するくらいに深くなると、食べかすが溜まり、腐敗することで臭気が発生し始めます。
さらに進行してしまうと、歯髄を蝕み、タンパク質が腐敗した強い臭気を発してしまいます。
ゆで卵の臭い、と表現される刺激臭(硫化水素)となり、周りの人を不快にさせるほどの強い臭気となりやすいです。
もちろん、虫歯の治療をしっかり行えば、抑えられる口臭ですから、早めに歯科医師への受信をするようにしましょう。
放置しておくと、虫歯は神経まで進行し、歯根に膿がたまってしまうことで、さらに強烈な臭気を発することになります。

治療した後でも要注意

虫歯の治療をした後も、安心して放置しておくと、再発することがあります。
歯は毎日使うものですから、治療で開けた穴を埋めた充填剤や被せた義歯なども、すり減って行くものです。
また、圧力がかかっていますから、治療直後はしっかりと接着されていたとしても、使っていくうちに緩んで、隙間ができてしまうこともあります。
ごく小さな隙間であっても、細菌が入り込むのには十分です。
そこから虫歯が再発してしまうこともあります。
大きな虫歯の治療婚であれば、被せた義歯や冠の下には神経に直結するような大きな穴が開いています。
また、臭気が発生してしまうということにもなりえます。
虫歯治療が完了したとしても、定期的に検診を受け、口の中の状況をこまめにチェックしていく必要があるんです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る