口臭の原因を歯科診療で解決?

>

歯科検診を積極に受けて口臭予防も

虫歯や歯周病の治療

口臭の原因にもなる虫歯や歯周病の治療を行うには歯科医の診療を受けることが最も効果的です。
虫歯や歯周病の治療が完了すれば、それらが原因で発していた腐敗臭といった、人を不快にさせる口臭を抑えることができるからです。
また、治療の一環として、口腔内の細菌の温床となっている歯垢や歯石を除去することは、口臭発生の原因となっていた細菌の駆除にも効果を発揮します。
口腔内の衛生状態をキープするために、治療が完了した後も、定期的に歯科検診を受け、虫歯や歯周病の予防とともに、定期的なクリーニングのルーティン化も効果的です。
また、正しいブラッシングの方法を指導してもらい、家庭でも口腔内ケアの意識を保つようにしましょう。

歯科以外の受診が必要な事例

口臭の原因の90%は口腔内の疾患によるものです。
では、残りの10%は、というと、消化器官の疾患や投入病、副鼻腔炎など、身体の疾患からくる口臭なのです。
胃がんや食堂の炎症などがあると、そこから発した臭いが、口臭として認識されることがあります。
また、糖尿病の方の場合、体の中で脂肪が変化してできる「ケトン体」という物質が口臭を発する原因となる場合があります。
この口臭は虫歯や歯周病で発せられる臭気とはことなり、甘酸っぱい独特の臭いがします。
糖尿病があると歯周病になりやすく、口臭がなかなか改善しない、ということもあります。
歯科医で治療しても、口臭が治まらないといった場合は、内科の受診を検討することも必要な場合もあるのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る